ガジェットレビュー

【iPad Proアクセサリー】ベストバイ6選

iPadProは純粋にタブレットとして使う人もいれば、PCライクな使い方ができたり、液タブとしてデザインやイラストを描くなど多様な使い方ができるスーパーマルチデバイスだと感じる。

まずは簡単に俺の使い方を紹介する。

  • サブPCとして本業でのOfficeなどの事務作業(主に Excel)
  • Apple pencilを使ったAdobe Premiere Rushでの簡単な動画編集
  • タブレットとしての動画視聴などのコンテンツ消費

iPadProを器用貧乏にするのはもったいない

冒頭でも語ったようにスーパーマルチデバイスなんやけどそれなりに扱うのは難しい。
中でもアクセサリー選びは重要でiPadProを快適に使うためにはそれなりにお金もかかるんよな。

今すでに持っている人もこれから購入を検討している人もこの記事でiPadを器用貧乏にしないための参考にしてほしい。
前提として携帯性と作業効率はトレードオフな点は抑えといてね。

純正のキーボード付きケースは一長一短

AppleからiPadPro用に専用の【Magic Keyboard】【Smart Keyboard Folio】が発売されているんやけど、携帯性を重視するとどうしても作業効率の悪い仕様になってしまう。
例えば【Magic Keyboard】はタイピングに関しては通常のキーボードに近い打点感だが、本体を保持するヒンジの可動域が狭くタブレットや液タブの使用をするためにはいちいち本体をケースから外す必要が出てくる。

次に【Smart Keyboard Folio】は重量も軽く携帯性も抜群、マウスを組み合わせればPCただライクな使い方もできる。ただ打点感に癖があり好みがわかれるところ。
さらにタブレットのように持った時はキーボードが指に触れるため握りこみにくいのもたまに傷。

その割に19,800円(税別)~37,800円(税別)と価格が化け物レベルなのが今回俺が選ばなかった理由になる。

本来iPadProはPCとは違い直観的な使用ができるデバイス。わざわざ高いお金を掛けてまで器用貧乏にすることはないと感じるよね。

iPadProおすすめアクセサリー

Ztotop iPad Pro 12.9 ケース

比較的純正のKeyboard folioに近いんやけど、価格がなんと言っても値段が安い。純正が11,800円に対して2700円ほどで購入できてしまうので、よほどの Apple信者か中国嫌いの人以外は何も困ることはないと思う。社外ケースの中では抜群に軽い、さらに背面がマグネットで固定される仕組みで折り畳めばスタンドにできたり持ち手にできたりもする。

Apple純正に比べ多少磁力が弱い印象を受けるが支障はない程度だと感じた。安価で携帯性と純正に近い使用感を求めている人にオススメ

Ztotop iPad Pro 12.9 ケース 2020 第四世代 磁気吸着式 極薄軽量 [Pencil 2 ワイヤレス充電] 3つ折りスタンド オートスリープ 全面保護 完全磁吸 傷つけ防止 最新版iPad Pro 12.9 カバー (ブラック)

Magic Keyboard

純正のキーボードだけあって動作はかなり安定している。さらには日本語配列にも対応しているから普段Windowsを使っている人からすれば違和感無く使えると思う。

【Smart Keyboard Folio】や安価な互換キーボードと比べるとMac用のキーボードと言うこともあって打点感も抜群にいい事を実感できる。
持ち運ぶものが1つ増えるから面倒やけど、タイピングの効率を重視するなら キーボードは別にしたほうがオススメ。

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS)

Magic Mouse2

こちらも純正だけあって動作は安定している。ボタンは2つのみでシンプルな見た目やけど、本体の上部で指を滑らすとスクロールできたり、進む戻るの動作もできるからiPadで使用すのにかなり適している。

値段は正直高いけど直観的な操作を求められるiPadOSでPCライクに使用するためには必須のマウス。

第2世代 Apple Pencil

使う人は選ぶと思うけど動画編集したりイラストを描いたりクリエイティブなことをする人には必須アイテム
指ではもちろん、iPadOSのマウスポインタは丸くなっていてポインタで細かい作業をするのが難しい。

その場合 Apple pencilがあるだけで助かる場面は多いのは事実。
今回から充電も簡単になったからバッテリー切れで困ることはなさそう。

Apple Pencil(第2世代)

ペーパーライクフィルム

以前iPadProを使用していた時に Apple pencilを使っていたんやけどその時はガラスフィルムを使用していた為、書きごごちがよくなかったんよね。
ペーパーライクフィルムは紙のような書きごごちにしてくれるから、 Apple pencilを使いたい人のストレスの軽減と作業効率向上の確かな手助けになる商品。

弱点としては発色が悪くなるから、動画とか写真の迫力がなくなりがちになるんやけど、その点このフィルムはマシに感じた。

1,500円弱で購入できるからかなりコスパもよく仕上がっている。

NIDOO 12.5インチ ブリーフケース

今回おれがかった中でも意外と1番満足感が高かったのがこのPCケース中はふわふわしていてiPadを裸で入れても傷がつきにくい仕様になっていて
サブポケットも付いているから使い。俺みたいに複数の小物を同時に持ち運ぶ人や高価なiPadProを大切に扱いたい人は持っていた方がいい。

NIDOO 12.5インチ ブリーフケース 撥水 12.5インチラップトップ / 13インチ MacBook Pro / 12.9" iPad Pro 2016 2017 / 13.3" MacBook Pro / 13.5" Surface Laptop 2 3 / 13.3" Lenovo Yoga S730 730 / ウルトラブック用 PCバッグ (ダークグレー)

-ガジェットレビュー
-, , , , , , , ,

© 2021 ガジェサポ Powered by AFFINGER5