スマホプラン情報 携帯業界の闇

【モバイル保険がすごい】ソフトバンクの端末保証と比較

ここ数年10万円を超える本体が当たり前のように販売される
それに反して故障時のリスクは増すばかり、急な故障時に携帯キャリアで保証をかけている人も多いと思う。

私もソフトバンクで勤めている以上お客様には、保証の必要性については自分の会社でできる範囲で案内をしている。

しかしその保証が結果的に毎月の家計を苦しめてしっまているのも事実としてある。
今回はそんなソフトバンクの端末保証の必要性について考える。

保証がない場合の修理代金


端末保証を受ける上でスマホの大まかな修理代金を知ることが重要だと思う。

  • Androidはソフトバンク公表価格
  • iPhone11はアップル公表価格

修理店舗により異なるのであくまで目安にしてほしい。

Android 水濡れ・全損 44,000円
画面割れ・外装交換 15,000円
ボタン故障など 18,000円
バッテリー交換  7,500円

iPhone11

画面割れ 21,800円
その他の修理 43,800円
バッテリー交換 7,400円

 

たかがバッテリー交換でさえ7000円強かかるし、本体が全損したときの44,000円にいたっては急な出費にしては高すぎる。

あんしん保証パックプラス(月額650円+税)

あんしん保証パックプラスは月額料を払い続けている間使えるAndroid用の保証になる。
これには本体保証以外の特約も付くからその内容お下にまとめる。

5つの保証内容

  • 修理にかかる費用を減額
  • 修理不可時に本体交換対応
  • 紛失・盗難時に会員価格での機種変更が可能
  • 修理終了機種の会員価格での機種変更が可能
  • データ復旧金額が免除

修理代の比較

 Android保証 保証なし  保証あり 
水濡れ・全損 44,000円 5,000円 
画面割れ・外装交換 15,000円 1,500円 
ボタン故障など 18,000円 0円 
バッテリー交換  7,500円 4,500円 
データ復旧 5,000円 0円 
修理不可能機種の交換 7,500円 
紛失・盗難時の機種変更割引 〇 
修理終了機種の機種変更割引 〇 

 

修理時には別途費用が必要にはなるが、1度に大きなお金が動くことがない分急な出費が抑えられるのが最大のメリット
他にも修理不可能機種になればリフレッシュ品との交換ができるのもありがたいところ。

ただし紛失時の機種変更の割引に関しては過度な期待は禁物で、思ったより割引はされないのでおまけ程度に考える方がいいと思う。

修理の期間

一旦メーカーに送るから修理期間はまちまちで、通常1週間程度長ければ1か月近くかかる場合もあるから時間はかかるのが残念なポイント

あんしん保証パックWith AppleCare Services(月額890~1,190円+税)

アップルケアは説明する必要もなくiPhoneの保証になるんだけど、ソフトバンクのは普通のアップルケアと違うところがいくつかある。
それも含めて書いていく。

つの保証内容

  • 修理にかかる費用の軽減
  • 修理不可能時に本体交換対応
  • データ復旧金額が免除
  • 修理終了機種の会員価格での機種変更が可能
  • ソフトバンク電話サポートが受けられる
  • 修理代金をpaypayで還元

修理代とアップルケアの比較

iPhone11Proの場合 保証なし あんしん保証パックwithAppleCare 通常版AppleCare+
加入時期 本体購入時のみ 購入から30日間 
月額料金 1,190円 (一括購入のみ)22,800円
修理回数 1年に2回 通算2回
保証期間 保証を外すまで 2年間
データ復旧
盗難・紛失 〇(盗難・紛失プラン)
修理代金のpaypay還元
テクニカルサポート アップル ソフトバンク アップル
配送交換 12,900円 12,900円
画面修理 30,400円 3,700円(paypay還元) 3,700円
その他の修理 59,800円 12,900円(paypay還元) 12,900円 
バッテリー交換 7,400円 無償 無償

アップルは保証がない場合本体の保証額はモデルにより異なるけど、どのモデルも高額。
iPhone11proなんて外装交換でも60,000円も必要で、そんな金額払ってしまったらその月の生活費は壊滅状態

これも保証に加入することで、修理の際の負担は必要なんだけど高額な出費に備えられるから保証って外せないんだよな~

キャリアの保証は家族が増えるとコスパが悪くなる

すでに気づいてる人も多いと思うけど通信費の中の保証の金額って意外と馬鹿にならない。

例に出したiPhone11Proは一人でも税込み1,309円も毎月かかってくるんだけど、これが4人家族とかになったら5,200円も保証だけに払ってるからかなりの負担になってくるよね。

こんなに払ってたら月々の通信費が下がるわけないんだけど、保証を外すのも落としたときとか怖いしって人もいてると思うから私のおすすめを紹介する。

モバイル保険(月額700円+税)3台の料金

1つの保証で3台まで利用可能

【携帯キャリアの保証】では1つの保証で1台しか保証されないが、【モバイル保険】においては1つの保証で主端末1台+副端末2台が保証される。これはかなりコスパがいい、保険金が下りる日数も1週間程度で入金されるので対応も早い。

わかりやすい1つの保証内容

年間、合計10万円までの修理なら修理負担返金
上記に加え副端末は2台で年間3万円までの上限あり

主端末と副端末の保証額内訳

  • 主端末は最大10万円まで
  • 副端末は2台で最大3万円まで

主端末と副端末で年間の保証額が違うところになる。それなので複数家族の場合修理額が3万円を超えそうな本体を持っている家族を優先的に主端末にする必要がある。個々の部分は注意してほしい。

モバイル保険のメリット

1人の場合のメリット

モバイル保険のすごいところは、副端末にする機械がスマホに固定されていない所にある。例えば私であれば主端末はスマホ、副端末はスマートウォッチとタブレットといったような組み合わせが可能。

他にもゲーム機やワイヤレスイヤホンと様々なガジェットにも対応できるところが使い勝手がいい。複数ガジェットを所持している人にはかなりおすすめだ。

家族の場合のメリット

家族の場合は単純に月の支出を抑えることができる。家族4人でiPhoneの保証などにそれぞれが、加入していた場合月に少なくとも4,000円~5,000円ほど払っているケースがほとんどだ。

しかしモバイル保険を使えば、お父さん、お母さんを主端末として子供2人を副端末とすることで月の保証代は1,400円まで下げることができる。このケースでも月2,600円、年間30,000円近くの無駄を省くことができる。

他社に乗り換えても保険が外れない

普通の人は一度機種変更をすると2年から3年くらいは使用すると思う。さらに最近では違約金の減少などにより今の本体を持ったまま他社に乗り換える人が出てきた。

私が提案した人の中にも保証が外れることの抵抗から通信料を下げるに下げれない人達を何人も見てきたが、キャリアの保証もいわば囲い込みの一種だ、「他社に行ったら保証がなくなって困りますよ~」と消費者の足元を見ているようなもの。

モバイル保険なら乗り換えしても保証内容も変わらずに運用できるから、乗り換えのリスクもハードルもぐっと下げることができる。



モバイル保険の注意点

修理を申し込む店舗

iPhoneは通常通りアップルストアでいい、Androidは最寄りのスマホ修理店への持ち込みが必要になるので事前にスマホなどで修理できるところを調べておくことをお勧めする。

紛失・盗難の保証は薄め

紛失・盗難時には最大の10万が保証されるわけではなく、主端末25,000円まで副端末7,500円までと低めの設定になっている。
しかし紛失・盗難対策としてAndroidの場合は【デバイスを探す】、iPhoneの場合は【iPhoneを探す】それぞれアプリが用意されているのでそれを活用すればリスクは最小限まで下げられるので、あまり気にするところではないと思う。

申し込み方も簡単

本体の表裏の写真と、買った日がわかる書類、クレカとあといくつかの項目を入力すれば終わってしまう。
これを期に通信料の削減に乗り出してみたらどうだろうか。



-スマホプラン情報, 携帯業界の闇
-, , ,